忍者ブログ

転職ネクストビズ

転職や新しい職場ではたらく人を応援する情報サイトです。

クチコミを活用した転職活動

パソコンでクチコミを探している人

転職活動をしていると気になる企業がいろいろと見つかると思います。

勤務地や雇用形態、給料や福利厚生など条件で探す方が大半だと思いますが、条件だけで判断すると思わぬ落とし穴があるかもしれません。

入社した後に「思っていた会社と違っていた」とならないためにも、事前の調査が重要だといえるでしょう。

そこでインターネットのクチコミを活用してはいかがでしょうか。各企業の評判をまとめているクチコミサイトであれば、実際に入社したことがある社員の評価を見ることができます。

たとえば「転職会議」というサイトでは、運営スタッフが目視で確認したクチコミが掲載されています。そのため、報復評価や嘘の評価を避けることができ、企業の真実のクチコミを見ることができます。

同様に「Vorkers」も実際に働いたことがある社員(元社員)の声を共有しており、わかりやすいグラフで企業を評価しているので、参考になります。

このようにクチコミを公開しているサイトが多くありますので、応募を検討している企業の実態を知ることができます。

ただし、ひとつ注意していただきたいのが「クチコミは絶対ではない」ということです。

いくら運営者がクチコミ内容をチェックしているとはいえ、すべて信憑性を確認できるわけではありません。過小(あるいは過大)な評価をしている部分もあるでしょう。

また、クチコミはどうしても個人の主観が出てしまうものです。その人にとっては良い会社だった(悪い会社だった)としても、別の人にとってはそうでないかもしれません。

ですので、クチコミはあくまで参考程度にとどめ、最終決断は面接をして直接企業の担当者と接した上で判断してください。

転職活動と円満退職について

円満退職をした男性

転職活動をするにあたり、円満退職をして臨むことは社会人として最低限のマナーだといえます。

円満退職をすることで、これまでお世話になった会社に迷惑をかけずに去ることができますし、新しい職場で好調なスタートをきることができるようになります。

まず、直属の上司(または社長)の時間がある時に退職の意思を願い出てください。メールや電話ではなく、必ず会って話しましょう。

勤務時間外など普段の仕事に支障が生じないように配慮して、退職の意思を伝えるようにするといいでしょう。

退職する話は正式に決まるまでうかつに口にしないことです。まだ決まっていないのに退職の話が社内に流れると、ぎくしゃくした雰囲気になることがあります。

退職することが決定したら、具体的に何日まで出社するか、上司と打ち合わせしましょう。退職までにしなければならないことを決めたり、余裕を持ったスケジューリングが必要になります。

転職先の受け入れ体制のこともあるので、一度決めた入社日は変更しないようにしましょう。日程はできるだけゆとりがある方が良いです。ギリギリだと何かあった時に互いの会社に迷惑がかかってしまうからです。

また、引き継ぎ事項をまとめておくことも、円満退職では欠かせません。あなたしか分からない情報がないようにしましょう。

その人の価値はいなくなった後にわかることもあります。これまでの信頼を保てるように、問題の起きない引き継ぎをしたいものです。

できれば退職日から1週間前には必要な手続きを全て終わらせるようにしましょう

最終日まで誠心誠意心をこめて仕事に向き合う姿勢を持ち続けることで、円満退職をすることができます。同僚もあなたの新しい門出を応援してくれるでしょう。

転職サイトを利用するメリットとは

スマホを見てガッツポーズをする男性

現代では転職活動と言えば転職サイトの利用が一般的ではないでしょうか。なぜ転職サイトがここまで利用されるようになったのでしょうか?

今回は転職サイトの長所(メリット)についてご紹介したいと思います。

転職サイトを使う大きな利点に、「家にいながら求人探しができる」ことがあります。

ハローワーク(職業安定所)と違って時間や曜日の制限がなく、いつでも好きな時に情報収集が可能です。

たくさんの求人情報を隅々までチェックすることができるのも、転職サイトの魅力です。絶えず新しい情報が入り、古い情報は消えていきますので、転職サイトを使えば膨大な求人をチェックすることができます。

そして転職サイトで求人情報を見ているうちに、気に入った求人があれば、サイト上から簡単に応募することができます。

応募後は主に企業とのやり取りになりますので、採用担当者と直接連絡ができます。応募企業について色々と調べることで、転職活動がスムーズに進むようになるでしょう。

転職サイトによっては、企業からのスカウトサービスを扱っているところもあります。スカウトから転職活動を行う時には、こちら側が有利な状況で転職活動ができることもあります。

その他、急ぎで転職をしたいわけではないけれど、転職サイトで情報収集したり、履歴書を作成しておくことで、いい転職先が見つかったらすぐに応募できるようになります。

転職サイトには様々な記事が掲載されており、転職適正検査が受けられたり、面接の心得を知ることもできます。

ぜひ転職サイトを活用して、あなたに合った職場を見つけてください。

転職サイトの活用方法

転職サイトを探している人
最近の転職で主流な方法は、転職サイトを使って転職情報を仕入れることです。転職サイトに登録することで、様々な求人情報を見つけることができるようになります。

自分のプロフィールや、希望の職種、働き方を転職サイトに登録することで、新しい求人情報が入った時にメールで連絡がもらえますので、転職活動を的確に行えます。

転職サイトのサービスは、無料で利用することができます。複数の転職サイトを同時に活用することも可能です。

企業側が条件に合う人に声をかけるという「スカウト」というサービスもあります。今までどんな仕事を経験しており、どんなことができるかを転職サイトに登録すると、企業側からスカウトをしてもらえます。

スカウトサービスを使うことで、自分から求人情報を探さなくても、希望に合った条件の企業から連絡してもらえるようになります。

働きながら転職活動をしたいという人でも、仕事探しに時間を圧迫されずに済みます。転職サイトに登録をして、情報が入ってくる状態にしておけば「いずれ転職をしたい」という人にはちょうど良いのではないでしょうか。

転職サイトを利用することで、自分のスキルを必要としている企業はどんな企業なのかも見えるようになります。

好条件の転職先を探したいと考えているなら、効率的に情報を手に入れるためにも転職サイトを活用しましょう。

面接でのマナーについて

面接を受ける女性

転職活動をしている時、採用面接でプラスの評価を相手に持ってもらうためにすべきことは何でしょうか。
  • 面接官に勧められるまでイスに座らない
  • 相手の目を見て話す
  • 元気よく挨拶をし、ハキハキ喋る
  • 相手の話を遮らない
  • しっかり聞く態度を取る
というのは基本です。必ず意識するようにしましょう。

面接官はあなたを面接する上で、社会人として知っておかなければいけないことは、知ってて当然というスタンスで面接をしています。

逆に言えばマナーができていないと社会人失格の烙印を押されてしまい、不採用になります。社会人としてまともだと感じてもらえるように、しっかりとしたマナーができるよう、心がけましょう。

企業や面接官によってはコミュニケーションの仕方が異なるので、慣れない内は難しいかもしれません。ですが、面接ではあなたが柔軟に対応する姿勢も見られていますので、落ち着いて対応しましょう。

面接官との対話では、質問されたことに対する回答だけでなく、質問を求められることもあります。質問には自分の言葉で適切な答えを返すことが基本です。曖昧だったり、グダグダに鳴らないように注意し、要点を押さえて答えましょう。

また、面接では聞く姿勢も見られています。面接官の言っている言葉が腑に落ちたしても、大げさな相槌やリアクションを繰り返すことは適切ではありません。不快感を与える可能性があります。

意識しないで相槌を打ってしまうという人もいますので、普段から自分のしていることを振り返えり、注意しましょう。

相手の言葉に口を挟むことも失礼にあたりますので、面接中にわからないことがあった時も、面接官の話が一段落するまで待ちましょう。

面接の最後には、「何か質問はありますか?」と聞かれることが良くあります。面接官から言われるまで質問を控えるようにし、聞かれてから答えましょう。

このように、面接でのマナーは色々ありますが、どれも相手の気持を思いやることで対策できるものばかりです。また、それも面接で判断されるため必要な要素だといえます。

常識を持って落ち着いた対応をしていれば、いざという時もパニックにはなりません。普段、人と接する時も意識して行動しましょう。
  Copyright 2018 転職ネクストビズ All rights reserved.
Template Design by LockHeart|powered by NINJA TOOLS 忍者ブログ [PR]